気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
JavaScript

JavaScript / throw 文

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ECMAScriptベースのJavaScriptとは?

JavaScript / throw 文

ECMA-262 Edition 5.1 / ECMAScriptベースのJavaScript文法

ECMAScript / ECMA-262 Edition 5.1ベースのJavaScript文法

throw 文

 throw 式 ;

 JavaScriptには、組み込みの例外エラーもありますが、コードを書く人が、独自のエラーを設定できるようになっており、そうしたユーザー定義の例外エラーを設定する場合、throw 文を利用します。

 throw は、「投げる」という意味で「例外エラーを投げる」命令文ということです。

 文字列 throw と式は、必ず同一行に記述します。

 JavaScriptは、Javaを参考にしており、throws 文はないものの throw 文は、C++やJavaなどオブジェクト指向の言語では、その使用法も同様で一般的です。

ECMA-262 Edition 5.1 訳 / 当該仕様ページ例

ECMAScriptベースのJavaScriptリファレンス

ウェブ造ホーム前へ次へ