気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
JavaScript

JavaScript / Numberオブジェクト

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ECMAScriptベースのJavaScriptとは?

JavaScript / Numberオブジェクト

ECMA-262 Edition 5.1 / ECMAScriptベースのJavaScript文法

ECMAScript / ECMA-262 Edition 5.1ベースのJavaScript文法

プロトタイプベースのオブジェクト指向

オブジェクト指向 / オブジェクトと種類

Numberオブジェクト

// 引数には、数値、式を設定

// インスタンス生成

var obj_n1=new Number();

var obj_n2=new Number(123);

// Number値を返す

var num1=Number();

var num2=Number(567);

 Numberオブジェクトは、数値のオブジェクトです。

 Numberオブジェクトは、new 演算子を伴うコンストラクタとしての呼び出しの場合、インスタンスであるオブジェクトの生成・初期化(インスタンス化)を実行し、( new 演算子を伴わない)関数としての呼び出しの場合、引数をNumberオブジェクトとしてではなく、Number値として返します。

 Numberコンストラクタは、Numberオブジェクト自身ですが、内部的には、Functionプロトタイプオブジェクトとして設定されています。

 Numberプロトタイプオブジェクトは、値が正のゼロであるNumberオブジェクト自身ですが、内部的には、Objectプロトタイプオブジェクトとして設定されています。

Number オブジェクトのプロパティ

 Numberオブジェクトの組み込みプロパティは、下記の通りです。

Numberオブジェクトの標準組み込みプロパティ
Number.MAX_VALUE約 1.7976931348623157 x 10の308乗であるNumber型の最大の正の有限値
Number.MIN_VALUE約 5 x 10の-324乗であるNumber型の最小の正の値
Number.NaN値は、 NaN
Number.NEGATIVE_INFINITY値は、-∞
Number.POSITIVE_INFINITY値は、+∞
Number.prototypeインスタンスを生成する関数を返す。
既定は、標準組み込みNumberプロトタイプオブジェクト。

Number.prototype オブジェクトのプロパティ

 Number.prototypeオブジェクトの組み込みプロパティは、下記の通りです。

Number.prototypeの標準組み込みプロパティ
Number.prototype.constructor インスタンスを生成する関数を返す。
 既定は、標準組み込みNumberコンストラクタ。
Number.prototype.toExponential ( ) 指数関数表記で数値を示す文字列を返す。
 より正確には、仮数の小数点の前の1ケタと引数で受け取る小数点以下の桁数の10進指数関数表現で表示したNumber値を含む文字列を返す。
 引数がundefined(未定義)である場合、必要に応じてより多くの仮数桁に一意の数値を指定したものを含む。
 2つ以上の引数を伴う場合の挙動は未定義。
 桁は、既定では、0~20桁だが、実装による拡張も許容される。
Number.prototype.toFixed ( ) 引数に小数点以下の桁数を取り、(undefinedである場合、0と仮定した)10進固定小数点数表記によって数値を示す文字列を返す。
 2つ以上の引数を伴う場合の挙動は未定義。
 桁は、既定では、0~20桁だが、実装による拡張も許容される。
 toFixed(0)は、toString()よりも精度が高い。
Number.prototype.toLocaleString ( ) 当該環境のロケールを使用して数値を示すその地域の人々にとって可読性の高い文字列を返す(実装依存)。
Number.prototype.toPrecision ( ) 指数関数表記や固定小数点数表記で正確に記述した数値を示す文字列を返す。
 より正確には、仮数の小数点の前の1ケタと引数で受け取る仮数の小数点以下の 引数-1 桁、または、 引数が示す有効桁を伴う小数固定表記を伴う10進指数関数表記で表示したNumber値を含む文字列を返す。
 引数 が、undefined(未定義)である場合、文字列として扱う。
 2つ以上の引数を伴う場合の挙動は未定義。
 桁は、既定では、0~20桁だが、実装による拡張も許容される。
Number.prototype.toString ( ) 隣接する数値から識別可能な有効桁として当該オブジェクトを示す文字列を返す。
 オプションである引数を指定する場合、推奨値(2~32)を使って基数(2,8,10,16進数等)を指定、結果は、0~9の他、必要に応じて 10から35を表す a~z を含む。
 数値やNumberオブジェクトではない場合、TypeError例外を throw 。
Number.prototype.valueOf ( ) 当該オブジェクトのプリミティブ(原始的な)値を返す。
 数値やNumberオブジェクトではない場合、TypeError例外を throw 。

ECMA-262 Edition 5.1 訳 / 当該仕様ページ例

ECMAScriptベースのJavaScriptリファレンス

ウェブ造ホーム前へ次へ