気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
JavaScript

JavaScript / コメント

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ECMAScriptベースのJavaScriptとは?

JavaScript / コメント

ECMA-262 Edition 5.1 / ECMAScriptベースのJavaScript文法

ECMAScript / ECMA-262 Edition 5.1ベースのJavaScript文法

コメント

 JavaScriptのコメントには、単一行、単一を含む複数行用のコメント用の表記方法があります。

単一行内のコメントアウト

 // 単独のコメント行 

 command ; 

 command ;    // コマンド行にコメント 

 JavaScriptで単一行内をコメント化するには、スラッシュ2つを続けて記述します。

複数行のコメントアウト

 /* 

 改行して 

 複数行に渡ってコメントアウト 

 */ 

 /* 単一行のコメントとしても利用可 */

 JavaScriptで単一行または、複数行をコメントにするには、スラッシュとアスタリスクを組み合わせて使います。

HTMLコメントアウト+JavaScript単一行用コメントアウトの組み合わせ

 <script type="text/javascript"> 

 <!-- 

 ... 

 //--> 

 <noscript>...</noscript> 

 </script> 

 初期のJavaScriptが現役だった頃は、インターネットが開始したばかり、JavaScriptもリリースされたばかり、ブラウザはシェア争いの中、機能性合戦、その後複数のブラウザが出現し、そんな中、JavaScriptも派生が生まれ・・・というECMAScript準拠前の状況下では、ブラウザによっては、一部のJavaScriptのコードを解釈できないブラウザが存在する可能性があり、これに対処する為にHTMLのコメントを利用した経緯があります。

 ただ、その後、本家JavaScriptやJScript、ActionScriptといった派生含め、軒並みECMAScriptに準拠して以降、最近のブラウザでは、こうした心配は不要となっており、HTMLコメントも不要と言われています。

 ちなみにメディアタイプ(type="text/javascript"他)を含めたscriptタグやJavaScriptを利用できない、または、利用しないようにブラウザ上で設定している場合に備えたnoscriptタグは、HTML/XHTMLの仕様です。

ECMA-262 Edition 5.1 訳 / 当該仕様ページ例

ECMAScriptベースのJavaScriptリファレンス

ウェブ造ホーム前へ次へ