気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
JavaScript

JavaScript / strictモード

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ECMAScriptベースのJavaScriptとは?

JavaScript / strictモード

ECMA-262 Edition 5.1 / ECMAScriptベースのJavaScript文法

ECMAScript / ECMA-262 Edition 5.1ベースのJavaScript文法

strict mode

 strict modeは、厳格モード、strictモードと言ってもよく、実装・処理系に依存しないECMAScriptコーディングを行う場合のモードです。

'use strict';

"use strict";

 前置指定・指定プロローグ(Directive Prologue)として以下の何れかの書式による use strict 指定(Use Strict Directive)を行うことを指します。

 Perlとは異なり、JavaScriptの use strict 指定においては、文字列 use strict をシングルクォートかダブルクォートで括ります。

 尚、use strict 指定は、必要に応じてソースコード内の任意の個所で行うことができ、実装によっては複数個所記述できるケースもありますが、他の実装では複数個所にある場合、警告を発する場合もあるものとされています。

 strictモードは、ECMAScript(JavaScript)のコードとして唯一、(あるブロック内のみ有効といったような)ローカル効果を持つことからstrictモードとそうでないコードの混在があるものとされています。

 ちなみにJavaScriptで唯一のある種形式的な型宣言である var は、混在する場合も含め、 strictモードとそうでない場合何れでも使用することが(仕様上、実装に要求される為、)可能となっています。

ECMA-262 Edition 5.1 訳 / 当該仕様ページ例

ECMAScriptベースのJavaScriptリファレンス

ウェブ造ホーム前へ次へ