気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
HTML/XHTMLタグ・要素・属性・属性値

イベントハンドラ【HTML4/XHTML1】

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
イベントとかイベントハンドラとは?

イベントハンドラ【HTML4/XHTML1】

イベントハンドラ【HTML4/XHTML1】

 HTML4で定義され、実質XHTML1も含め利用可能なイベントハンドラは、下記の通りです。

W3C [HTML4.0] 18 Scripts(英文)

イベントハンドラ用途
onload読み込まれた時
onunload他のページに移動する時
onclickマウスがクリックされた時
ondblclickマウスがダブルクリックされた時
onmousedownマウスの左ボタン(Windowsの場合)を押し下げる時
onmouseupマウスの左ボタンを押し下げた後元に戻す時
onmouseoverマウスカーソルが通り過ぎた時
onmousemoveマウスポインタが移動した時
onmouseoutマウスポインタが外れた時
onfocusフォーカスが当たった時
onblurフォーカスが外れた時
onkeypressフォームのボタンが押された時
onkeydownフォームのボタンが押し下げられた時
onkeyup押し下げられたフォームのボタンが元に戻される時
onsubmitフォームの実行[submit]ボタンが押された時
onresetフォームのリセット[reset]ボタンが押された時
onselectフォームの[select(単一リストまたは複数選択リスト)][input/checkbox(複数選択)]が選択された時
onchangeフォームの[select(プルダウン)][input/radio(単一選択/択一)]が選択された時

イベントハンドラとは

 W3CによるHTML/XHTMLにおいてはJavaScriptなどの各種Scriptによって動的な処理を行う為に各種イベントハンドラが定義されています。

 イベントハンドラはHTML/XHTML開始タグ内で属性の1つとして定義され、、ブラウザ上にページが読み込まれた時、マウスポインタでポイントした時、クリックした時といった入力情報などをトリガ(引き鉄)としてScriptを実行することができるようになっています。

例:<body onLoad="">

 イベントハンドラは、前述の通り、HTML/XHTMLで定義されていますが、XHTML、その変遷からXHTML1はイベントハンドラに関してもHTML4を踏襲しています。

  • 【HTML4】イベントハンドラ

 現在策定中のHTML5ではHTML4への互換性の為のイベントハンドラ、継承されたイベントハンドラの他、数多くのイベントハンドラが追加されています。

各種HTMLとHTMLタグ/要素・属性・属性値

ウェブ造ホーム前へ次へ