気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
HTML/XHTMLタグ・要素・属性・属性値

HTML5/HTML4から除外された要素・タグ一覧

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
HTML5でHTML4から除外された要素・タグにはどんなものがあるの?

HTML5要素・タグ一覧【HTML4除外要素】

HTML5/HTML4から除外された要素・タグ一覧

 HTML5の策定においてHTML4に存在した91要素の内、除外された要素は下記の13要素です。

要素機能摘要
acronym頭字語解説HTML4から継承の略語解説abbr要素に統一
applet *Java Applet用タグHTML4から継承のobject要素に統一
basefont *基準フォント設定CSSに統一
font-family
bigフォントサイズアップCSSに統一
相対的単位(%,px,em等)
center *ブロック単位の中央寄せCSSに統一
dir複数列のディレクトリリスト廃止及びHTML4から継承のul要素に吸収
font *フォント指定CSSに統一
font-family/font-weight/font-size/font-color等々
frame画面分割除外
iframeはHTML4から継承も属性は再定義
frameset
noframesframe未対応ブラウザへの補足
isindex *検索用一行テキスト入力欄
action属性指定のURIにクエリ文字列として付加されるキーワード入力用
HTML4から継承のform要素method属性get属性値に統一
入力欄はinput要素type属性text属性値
strike *抹消線HTML4から継承の<s></s>要素に統一
tt等幅フォントCSSに統一
font-familyの設定値monospace

 尚、*付き要素は、HTML5で除外された要素の内、HTML4で非推奨だった要素です。

 よってHTML5で除外された13要素の内、HTML4で非推奨だった要素は6要素、それ以外に統廃合された要素が7要素あったことになります。

 また、HTML4で非推奨だった要素でありながら、HTML5で継承された要素にs/u/menuの3要素があります。

 但し、s要素とu要素はHTML5において機能も用途も同じものとして継承されますが、menu要素については若干趣向が異なります。

 menu要素(や除外されたdir要素)は、HTML4ではul要素と同様の機能として想定され、後に非推奨となったものの、HTML5ではmenu要素をcommand要素やbutton要素などと併用することで、まさにナビゲーション用途のメニューなどul要素とは異なるシチュエーションを想定した仕様となっています。

各種HTMLとHTMLタグ/要素・属性・属性値

ウェブ造ホーム前へ次へ