気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
XSL

XSL 1.1 XSL Extensible Stylesheet Language Version1.1

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
XSL 1.1とは?

XSL 1.1 XSL Extensible Stylesheet Language Version1.1

Abstract / 概要 XSL 1.1とは

 W3C勧告XSLバージョンXSL 1.1の「Abstract / 概要」とは

 Extensible Stylesheet Language (XSL) Version 1.1 / W3C Recommendation 05 December 2006の目次に沿った日本語訳です。

 当サイト管理人が2008年09月、意訳したものですが、構文解釈の違いや翻訳の違いが含まれるかもしれません。正式文書はW3C 各種仕様書(英語版)である事を予めご了承ください。

XSL 1.1概要

 XSLは『Extensible Stylesheet Language』XSL 1.1は、XSL1.0をベースとしたXSLバージョン1.1の略で拡張可能なスタイルシート言語であり、大きくは以下の2つから構成されています。


  1. XML文書変換の為のXSLT
  2. 書式設定の意味付けを詳述する為のXML語彙

 XSLスタイルシートは、クラスのインスタンスがどのようにXMLの語彙や形式に従うXML文書に変換するようにするかによってXML文書のクラスの視覚的要素を規定します。

 つまり、XSLは、XSLそれ自体がXML整形式、XML妥当性制約に合致したXML文書であり、更にはXML文書の装飾の為だけにあるのではなく、XSLTによってXML文書やデータファイルを様々な形式(HTML/CHTML/XHTML/XHTML Basic/異なるXML文書/CSV...etc.)などに変換する事ができる点が大きな特徴であるという意味です。

 また、与えられた属性だけに依存する限定された変換という事ではなく、XPathによって要素や属性、属性値や要素内容まで含めたパターンマッチングが可能となっており、XML文書やデータファイルから多種多様な思い思いの書式に変換する機能を持ち合わせています。

 XSLTやXPathはこのようにXSLの中の一部の機能ですが、変換機能もマッチングも非常に柔軟で様々な機能を有するのでW3Cでも別枠で策定・勧告されています。


ウェブ造ホーム前へ次へ