気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
JavaScript

JavaScript metaタグ・要素設定

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
JavaScriptのmeta要素の設定方法は?

JavaScript metaタグ・要素設定

JavaScript metaタグ設定方法

 JavaScriptを利用するには、まず作法としてHTML/XHTML<head></head>内で meta タグ・要素に後述のJavaScript用の設定します。

HTML/XHTMLでの3つのjavascript記述方法

 また、それとは別にJavaScriptをどこに記述するかによって大きく3通りの方法があり、何れのケースもHTML/XHTMLのscriptタグを利用することになりますが、HTML/XHTMLも策定するW3Cは、CSS同様、各種Scriptも外部ファイルを推奨しています。

  1. サイト全体または一部で共有する場合
  2. 当該HTML/XHTMLファイル内でのみ利用する場合
  3. 当該HTML/XHTMLファイル内の特定位置でのみ利用する場合

HTML/XHTMLでのjavascript用metaタグ設定

 HTML/XHTMLでjavascriptを利用する際はHEAD内で[ meta ]タグの[ http-equiv ]属性に[Content-Script-Type]を設定して[ content ]属性に[ text/javascript ]を設定します。

<!-- doctype宣言 追加 -->
<html>
<head>

<!-- HTMLの場合 -->
<meta http-equiv="content-script-type" content="text/javascript">

<!--
XHTMLの場合
<meta http-equiv="content-script-type" content="text/javascript"/>
但し、doctype宣言もXHTMLのdoctype宣言にし、<html>開始タグに属性を追加、構成文字は全て小文字にするといったXHTMLタグ仕様に沿った書き方をする必要があります。
-->

</head>
<body>

</body>
</html>

 これはHTML/XHTMLで既定のscriptというものはありませんので、「このページではvbscriptでもなく、tclでもなくJavaScriptを使いますよ」という宣言です。

 実際にはこの記述がなくてもたいていはJavaScriptを利用できますが、お作法としては書くことになっています。

ECMAScript ECMA-262 第5.1版ベースのJavaScript

【ECMAScript / ECMA-262 Edition 5.1 訳】

 尚、下記リンクは、多くの場合、ページ情報量の過多を回避する為、場合によって更に章、節、句ごとに、任意に細分化し、ネストしている部分があります。

旧来掲載のJavaScript

ウェブ造ホーム前へ次へ