気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
JavaScript

escape() エスケープ・符号化 JavaScript標準組み込み関数

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
JavaScriptのescapeとは?

escape() エスケープ・符号化 JavaScript標準組み込み関数

escape() エスケープ・符号化 JavaScript標準組み込み関数

 JavaScriptのescape()/エスケープとはネットワークにデータを送る際にデータを符号化する為の標準関数で引数に符号化するデータをとって次のように使用します。

escape(データ)

 escape()関数を実行すると数値と半角アルファベット(英数半角)はそのままですが、それ以外は%とxx(16進数表記)で%xxのように変換されます。

 逆に元の文字列に変換(復号)するには、やはりJavaScriptの標準関数であるunescape(アンエスケープ)を使用します。

 ちなみに一般には、JavaScriptのescape関数に相当する処理を encode (エンコード)、unescapeに相当する処理を decode (デコード)と呼びます。

JavaScriptサンプル

ECMAScriptベースのJavaScriptリファレンス

ECMAScript / ECMA-262 Edition 5.1 訳

 尚、下記リンクは、多くの場合、ページ情報量の過多を回避する為、場合によって更に章、節、句ごとに、任意に細分化し、ネストしている部分があります。

文字コード関連

旧来掲載のJavaScript情報

ウェブ造ホーム前へ次へ