気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
ECMAScript/JavaScript

付録 F (有益な情報) 第5.1版での技術的に重要な訂正事項と明確化 / Annex F (informative) Technically Significant Corrections and Clarifications in the 5.1 Edition / Standard ECMA-262 5.1 Edition

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ECMAScript / JavaScript とは

付録 F (有益な情報) 第5.1版での技術的に重要な訂正事項と明確化 Standard ECMA-262 5.1 Edition

ECMAScript言語仕様 / ECMA-262 5.1 Edition

 訳の正確性を保証するものではありませんので必要に応じて原文であるEcma InternationalECMA-262にある ECMA-262.pdf ( ECMA-262 5.1 Edition )を参照下さい。

訳:2012年04月 webzoit.net

ECMA-262 5.1 Edition 著作権情報

ECMA-262 5.1 読解時の留意点と原文リソース

付録 F (有益な情報) 第5.1版での技術的に重要な訂正事項と明確化

7.8.4:

  CV定義は、DoubleStringCharacter :: LineContinuation と SingleStringCharacter :: LineContinuation について追加しました。

10.2.1.1.3:

 引数 S は、無視されます。

 それは、恒久的なバインディングの設定を試行する際に例外が投げられる(スローされる)かどうかを制御します。

10.2.1.2.2:

 アルゴリズムのステップ 5 では、trueは、[[DefineOwnProperty]]への最後の引数として渡されます。

10.5:

 ステップ 5.e の前者のアルゴリズムは、現在、 5.f となるようになっており、新しいステップ 5.e は、グローバル関数を再定義する際に第3版との互換性を復元する為に追加されていました。

11.5.3:

 箇条書きの最後のアイテムには、 IEEE 754 round-to-nearest (近似値への丸め処理)モードの使用が指定されます。

12.6.3:

 欠落した ToBoolean は、双方のアルゴリズムのステップ 3.a.ii の中で復元しました。

12.6.4:

 2つの段落のそれぞれに追加した最後の文章は、特定のプロパティの列挙の要件を明確にします。

12.7, 12.8, 12.9:

  BNF / Backus-Naur Form (バッカス・ナウア記法)は、任意の式がセミコロンの前にLineTerminatorを持つことなく、識別子や文を返すことなく、 continue 文や break 文を明確にする為に修正されました。

12.14:

 アルゴリズム1のステップ 3 とアルゴリズム3のステップ 2.a は、Bそれ自身ではなく、Bの値項目のように補正されます。

15.1.2.2:

 アルゴリズムのステップ 2 では、 S が、カラの文字列となる場合があることを明確にします。

15.1.2.3:

 アルゴリズムのステップ 2 では、 trimmedString が、カラの文字列となる場合があることを明確にします。

15.1.3:

 追加した注釈は、新しい RFC 3986 ではなく、 RFC 2396 を基準としたECMAScriptのURI構文であることを明確にしています。

 デコード(復号・復号化)におけるアルゴリズムについては、ステップでは、発生不可能な条件においてテストした為、現在のステップ 4.d.vii.10.a の直前部分が削除されました。

15.2.3.7:

 アルゴリズムのステップ5と6にある変数 P の使用を訂正しました。

15.2.4.2:

  this 値として undefined と null の制御をする第5版は、既存の失敗するコードを基にしていました。

 仕様は、このようなコードを伴う互換性を維持する為に部分修正しました。

 新しいステップ 1 と 2 は、アルゴリズムに追加しました。

15.3.4.3:

 第5版のアルゴリズムのステップ 5 と 7 は、一般的な配列風のオブジェクトの使用するもの以外を伴う一貫性のないargArrayの引数について要件を課せられた為、削除されています。

15.4.4.12:

 ステップ 9.a では、 relativeStart への誤った参照が、actualStart への参照と置き換えられました。

15.4.4.15:

  fromIndex における既定値は、配列のマイナス1の大きさであるということを明確にしました。

15.4.4.18:

 アルゴリズムのステップ 9 にある undefined は、現在、指定した戻り値とすることになっています。

15.4.4.22:

 ステップ 9.c.ii では、内部メソッド[[Call]]への最初の引数が、 Array.prototype.reduce の定義に伴う整合性の為に undefined に変更されています。

15.4.5.1:

 アルゴリズムのステップ 3.l.ii と 3.l.iii では、変数名が、誤った反転テストの中で反転した結果となっていました。

15.5.4.9:

 正規の等価文字列に関する規範的な要件は、注釈 2 で推奨したように列挙される為、後続のアルゴリズムを段落から削除しました。

15.5.4.14:

  splitのアルゴリズムのステップ 11.a と 13.a では、 SplitMatch への引数の配置順が、実際の SplitMatch のパラメータ署名と一致するように補正されました。

 ステップ 13.a.iii.7.d では、 lengthA を A.length に置き換えました。

15.5.5.2:

 最初の段落では、"配列インデックス"の構文を持っていた個々の文字へのプロパティアクセスを含め、削除しました。

 修正したアルゴリズムのステップ 3 と 5 は、そのような"配列インデックス"の要件を強制しません。

15.9.1.15:

 それらに欠けていた項目における範囲に正規の値を指定しました。

 "time-only"フォーマットを除去しました。

 全てのオブション項目における既定値を指定しました。

15.10.2.2:

 ステップ 2 によって生成した内部クロージャにおけるアルゴリズムのステップ数は、外部アルゴリズムのステップであった暗黙の方法で間違った番号付けがなされていました。

15.10.2.6:

 抽象操作 IsWordChar について、ステップ 3 にあるリスト内の最初の文字は、 "A" ではなく、 "a" です。

15.10.2.8:

 抽象操作 CharacterSetMatcher によって返されたクロージャにおけるアルゴリズムでは、ステップ 3 によって定義し、ステップ 4 で引数として渡した変数は、クロージャの正規のパラメータとの名称の衝突を回避する為、 ch に改名されました。

15.10.6.2:

 ステップ 9.e は、i の余分な増分を実行する為、削除されました。

15.11.1.1:

  message 自身のプロパティが、 message の引数が、undefinedである場合、カラの文字列に設定されるという要件を削除しました。

15.11.1.2:

  message 自身のプロパティが、 message の引数が、undefinedである場合、カラの文字列に設定されるという要件を削除しました。

15.11.4.4:

 ステップ 6-10 は、欠落やカラの message プロパティ値を正常とする為に修正・追加されました。

15.11.1.2: (?ダブり?章番号間違い?)

  message 自身のプロパティが、 message の引数が、undefinedである場合、カラの文字列に設定されるという要件を削除しました。

15.12.3:

 内部制御 JA のステップ 10.b.iii では、連結する最後の要素は、"]" です。

B.2.1:

 エンコード方式が、新しい RFC 3986 ではなく、 RFC 1738 を基準にするという注釈を追加しました。

付録 C:

 任意のアイテムが、strictモードで FutureReservedWords について 7.6.12 と一致するということが追加されました。

ウェブ造ホーム前へ次へ