気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
ECMAScript/JavaScript

8 タイプ・型 / Types / Standard ECMA-262 5.1 Edition

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ECMAScript / JavaScript とは

8 タイプ・型 / Types / Standard ECMA-262 5.1 Edition

ECMAScript言語仕様 / ECMA-262 5.1 Edition

 訳の正確性を保証するものではありませんので必要に応じて原文であるEcma InternationalECMA-262にある ECMA-262.pdf ( ECMA-262 5.1 Edition )を参照下さい。

訳:2012年04月 webzoit.net

ECMA-262 5.1 Edition 著作権情報

ECMA-262 5.1 読解時の留意点と原文リソース

8 タイプ・型

 この仕様内のアルゴリズムは、関連した型を持つ、それぞれの値を操作します。 利用可能な値の型は、まさにこの項で定義されるものです。 型は、もっと言えば、ECMAScript言語の型と仕様の型に分類されます。

 ECMAScript言語の型は、ECMAScript言語を使うECMAScriptプログラマによって直接操作される値と一致します。 ECMAScript言語の型は、Undefined、Null、Boolean、String、Number、Objectです。

 仕様の型は、ECMAScript言語の構造とECMAScript言語の型のセマンティクスを説明するアルゴリズム内で利用されるメタデータ値(meta-values)と一致します。 仕様の型は、Reference、List、Completion、Property Descriptor、Property Identifier、Lexical Environment、Environment Recordです。 仕様型の値は、ECMAScript実装の中で記述する一部の実体(entity/エンティティ)と一致する必要のない人為的に作られた(artefacts/アーティファクト)仕様です。 仕様型の値は、ECMAScript式の評価の中間結果を説明する為に利用される場合がありますが、そのような値は、オブジェクトのプロパティやECMAScript言語の変数の値として保持することはできません。

 この仕様内では、表記法"Type(x)"は、この項で定義したECMAScript言語の型と仕様の型を参照する"型"である"xの型"における略記として使用されます。

ウェブ造ホーム前へ次へ