気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
Perl

Perl unless文/条件分岐

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
Perlのunless文はどうやって書くの?

Perl unless文/条件分岐

Perl unless文

 Perlの条件分岐には、条件にマッチしない場合のみ(条件が偽の場合に)処理を行うunless文と条件に応じて(条件が真の場合に)処理を分岐するif...elsif...else文があり、何れもCのように後置式とすることも可能です。

 これは、if文とは逆、つまり、if文で!を付加して条件を否定する場合と同等です。

unless文

 unless文で括られた処理は、条件が偽の場合に実行されます。

 $condition=""; 

 unless ($condition ) {

    print "Hello World!\n";

 } 

 一行で記述することもできます。

 unless ($condition ) { print "Hello World!\n";} 

 if文同様、後置する場合のみ波カッコ{ }を省略可能です。

 print "Hello World!\n" unless ($condition ) ;

 また、前置式でも後置式でも丸カッコ( )を省略できるので下記のようにコーディングすることもできます。

 print "Hello World!\n" unless $condition ;

 unless文の条件判定はif文とちょうど真逆になります。

 if ( ! $condition ) { print "Hello World!\n"; } 

 print "Hello World!\n" if ( ! $condition );

 print "Hello World!\n" if ! $condition ;

Perl文法

Perlプログラミング

ウェブ造ホーム前へ次へ