気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
システム開発

VMware PlayerにDragonFlyBSDをインストール

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ゲストOSとしてLinux/BSD/PC-UNIXをインストール【VMware Player】

仮想マシンで動くOS

VMware PlayerにDragonFlyBSDをインストール

 仮想化ソフトウェアの1つVMware Playerで作成した仮想マシンゲストOSには、様々なOSをインストールできますが、このページでは、Linux/BSD/UNIXディストリビューション(ディストロ)の中から任意に抽出し、当サイトにおいてVMware Player上で検証したLinux/BSD/UNIX系OSの内、DragonFlyBSDのインストール及び起動について記します。

[仮想化ソフトウェア]

VMware Player 3.1.6

[ホストOS]

Windows Vista Home Premium
SP2/Service Pack 2
x86/32ビット

[ホスト環境]

CPU:Intel Core2 4300@1.80GHz
CPU Architecture : x86/32bit
仮想化支援機能(Intel VT)なし
RAM:1GB

Screenshot/スクリーンショット

スクリーンショット一覧
DragonFlyBSD 3.6.0 / LiveCD
DragonFlyBSD 3.6.0 / LiveCD
DragonFlyBSD 3.4.3 GUI / LiveCD
DragonFlyBSD 3.4.3 GUI / LiveCD

DragonFlyBSD 3.6.0 / DragonFlyBSD 3.4.3 GUI

 今回は、DragonFlyBSD 3.6.0とDragonFlyBSD 3.4.3 GUI(下記isoディスクイメージ)を使用させて頂きました。

  • dfly-i386-3.6.0_REL.iso
  • dfly-i386-gui-3.4.3_REL.iso

 DragonFlyBSDは、FreeBSD 5の開発に当たり、マルチコア対応の技術的相違からFreeBSD 4をベースとして派生したものです。

 他方、386BSDからフリー且つ高速でセキュア、より多く移植することを目指して直接フォークしたものにNetBSDがあり、NetBSDからセキュリティ強化を目指し派生したものにOpenBSDがあります。

DragonFlyBSDで必要なメモリ量

 DragonFlyBSD 3.6.0は、VMware Playerでは、48MB以上で起動を確認できました。

 DragonFlyBSD 3.4.3 GUIバージョンもLiveCDでGUIを試す場合、[root]でログイン後、[startx]としてXを起動する為、VMware Playerでは、ログインシェル起動までは、(それでも48MBでは無理で)64MB以上あればよいですが、512MBまで試してみましたが、GUI起動に失敗することから、どのくらいメモリが必要なのか検証できていません。

 尚、各種アプリケーションが必要とするメモリ量は考慮していません。

 また、特に指定がない限り、ここで示すRAM値は、各仮想化ソフトウェアでの仮想マシン作成時に指定した値であり、少なくとも一定以上のRAM値を指定した場合においては、そこから仮想化ソフトウェアが消費するメモリを差し引いた値が、ゲストOSで利用可能なRAM総容量として割り当てられているようです。

DragonFlyBSDのLiveCDとインストール

 まず、手順としては、DragonFlyBSD 3.6.0及びDragonFlyBSD 3.4.3 GUI共に起動、[login:]プロンプトが表示されたら、即インストールする場合には、[Installer]と入力後、[Enter]、LiveCD上でログインシェルを利用するには、パスワードなしの[root]でログイン、DragonFlyBSD 3.4.3 GUI版でGUIを試す場合は、更に[startx]と入力して[Enter]でGUIを起動することになります。

 今回、使用したDragonFlyBSD 3.6.0(CUI)及びDragonFlyBSD 3.4.3 GUI共に[login:]の後に起動メッセージが、オーバーランしてかぶる恰好となりますが、入力は受け付けるので数行前にも書いてあるように[Installer]や[root]とタイプし、[Enter]を押せば、先に進みます。

DragonFlyBSDのパッケージ管理

 DragonFlyBSDのパッケージマネージャというかパッケージの管理は、当初は、FreeBSDのports、バージョン1.4からは、pkgsrc、3.6からは、Dportsがデフォルトのパッケージシステムになっています。

DragonFlyBSDのデフォルトlogin shell

 DragonFlyBSDのデフォルトのログインシェル(shell)は、csh、起動時に読み込む初期ファイルは、ホームディレクトリの[ .profile ]や[ .login ]、[ .cshrc ]です。

DragonFlyBSDと日本語環境

 DragonFlyBSDは、英語キーボードで起動し、デフォルトでは、loadkeysコマンドもないのでキーボード設定も含め、日本語環境が必要な場合には、組み込む必要があります。

リンク

ウェブ造ホーム前へ次へ