気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
システム開発

VirtualBoxにTacky Optimizing Puppy Linuxをインストール

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ゲストOSとしてLinuxをインストール【VirtualBox】

仮想マシンで動くOS

VirtualBoxにTacky Optimizing Puppy Linuxをインストール

 仮想化ソフトウェアの1つVirtualBoxで作成した仮想マシンゲストOSには、様々なOSをインストールできますが、このページでは、Linuxディストリビューション(ディストロ)の中から任意に抽出し、当サイトにおいてVirtualBox上で検証したLinuxの内、Tacky Optimizing Puppy Linuxのインストール及び起動について記します。

[仮想化ソフトウェア]

VirtualBox 4.2.12 r84980

[ホストOS]

Windows Vista Home Premium
SP2/Service Pack 2
x86/32ビット

[ホスト環境]

CPU:Intel Core2 4300@1.80GHz
CPU Architecture : x86/32bit
仮想化支援機能(Intel VT)なし
RAM:1GB

Screenshot/スクリーンショット

スクリーンショット一覧
Tacky Optimizing Puppy Unlimited版
Tacky Optimizing Puppy 4.2.1

Tacky Optimizing Puppy Linux

 今回は、Tacky Optimizing Puppy 4.2.1(TOP-unlimited-4.2.1.iso)を使用させて頂きました。

 Tacky Optimizing Puppy Linux、略称TOP Linux(というより、元々TOP Linuxとするつもりで後付けとしてTacky Optimizing Puppy Linuxとしたらしい)は、国際化の上で特に開発途上国でも開発・利用できるように考慮されたPuppy Linuxベースのディストリビューションです。

TOP Linuxで必要なメモリ量

 VirtualBoxで作成した仮想マシン上では、TOP Linuxは、メモリ128MBでも心なしか、もっさり感はあるにしても実用的に作動はしますが、起動時間においても違和感なく利用するには、192MB~256MBはあった方がよいでしょう。

 尚、各種アプリケーションが必要とするメモリ量は考慮していません。

 また、特に指定がない限り、ここで示すRAM値は、各仮想化ソフトウェアでの仮想マシン作成時に指定した値であり、少なくとも一定以上のRAM値を指定した場合においては、そこから仮想化ソフトウェアが消費するメモリを差し引いた値が、ゲストOSで利用可能なRAM総容量として割り当てられているようです。

TOP Linuxのパッケージマネージャ

 TOP Linuxのパッケージマネージャは、PETです。

 依存関係に注意する必要はあるようですが、PETからDebianインストールパッケージをインストールすることも出来る模様。

TOP Linuxのデフォルトlogin shell

 TOP Linuxのデフォルトのログインシェルは、bashです。

TOP Linux LiveCDとインストール

 TOP LinuxのLiveCDを起動し、メニューから簡単にハードディスクにインストールすることができるようになっています。

 TOP LinuxのISOディスクイメージには、いくつか種類がありますが、今回は、最軽量版ではなく、機能の充実したUnlimited版を選択、LiveCDやインストール後に初回起動時には、マウス設定、キーボード設定、Xサーバ(Xorg/Xvesa)選択を求められた後、文字コードen_US(英語)で起動しますが、次のように設定すれば、すぐに日本語表示及び日本語入力可能になります。

  1. [Menu] > [Language] > [Chooseloacel - country localization]を選択
  2. 表示されたポップアップ画面の[LOCAL]ボタンをクリック
  3. [ja_JP.UTF-8]を選択
  4. [Okay]ボタンをクリック
  5. 自動的にXサーバが再起動

 尚、同じくPuppy系でLucid Puppy Linuxベースの日本語版Lupu-528JPなどもあります。

リンク

ウェブ造ホーム前へ次へ