気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
システム開発

QEMUによる異なる仮想ハードディスクファイル形式間の変換

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
仮想化

QEMUによる異なる仮想ハードディスクファイル形式間の変換

QEMUによる異なる仮想ハードディスクファイル形式間の変換

 QEMUでは、異なる仮想ハードディスクファイル形式間で変換を行なうことができます。

 これにより、QEMU(QCOW/QCOW2/QED形式)やVMware(VMDK形式)、VirtualBox(VDI形式)、Hyper-V(VHD/VHDX形式)、Virtual PC(VPC形式)といった異なる仮想化ソフトウェア間でも、それぞれ仮想マシンの作成から始めることなく、変換するだけで相互に利用できるようになるので便利です。

 QEMUでこれをするには、[qemu-img]コマンド及びサブコマンド[convert]を使います。

$ qemu-img convert TARGET_PATH\xxx.img   -O vmdk RESULT_PATH\xxx.vmdk

 この例では、たまたま、QEMUの*.imgファイルをvmdk形式に変換していますが、[-O]オプションでファイル形式を指定し、適宜変換前と変換後のファイルを適切に設定すれば、他の形式間で変換することもできますし、もっと言えば、別にQEMU用の形式を指定する必要があるわけではなく、vdi形式とvhdx形式間で変換することもできます。

 ちなみにサンプルは、Linux/*BSD/PC-UNIX(のBourne-Shell系)となっていますが、当然(shellは)これに限りませんし、パスさえ通っていれば(通っていなければ、環境変数PATHに追加設定するか、qemu-imgのあるパスに移動してから実行すれば)、ホストOSがWindowsであっても同様です。

参考サイト

関連ページ

ウェブ造ホーム前へ次へ