気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
C/Sウェブ開発

ASP Active Server Pages

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ASP(Active Server Pages)とは?

ASP Active Server Pages

ASPとは

 ASPとは『Active Server Pages』の略で、VB(Visual Basic)系VBScriptJavaScriptを利用する事ができるMS社開発のサーバアプリケーションウェブサーバで動的にWebページを生成し、クライアントに送信する技術です。

 HTMLファイルの中にASPプログラムを予め埋め込んでおき、クライアントの要求に応じてプログラムを実行、処理結果のみをクライアントに送信するものです。

 送信するデータは通常のHTML形式になるため、Webブラウザに特殊な機能を組みこむことなくWebアプリケーションを構築できます。

 Microsoft社のIISの拡張機能であり、実行環境としてはIISの縮小版であるPWSでも利用できますが、IIS専用となります。

 但し、ASPも.NET Frameworkの開発・リリース、更に標準化といった過程で、現在に至る後のASP.NETは、.NET Frameworkに対応さえすれば環境に依存せずに利用できるようになっています。

※個々の端末にインストールする事なくオンライン上で全てが完結するサービスを提供する業者をApplication Service Providerと呼び、同じようにASPと略される事も多いですが、全く関係ありません。

JSP(Java Server Pages)

ウェブ造ホーム前へ次へ