気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
Server

DLNA/Digital Living Network Alliance

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
DLNAサーバー・DLNAクライアント

DLNA/Digital Living Network Alliance

DLNA/Digital Living Network Alliance

 DLNAは、Digital Living Network Allianceの略で既存のユニバーサルプラグアンドプレイのプロトコルUPnPの内、メディアサーバ/メディアレンダラー・メディアクライアント(メディア再生ソフト/デバイス)などを規定したUPnP A/Vの実装とも言える手順の策定を行なう業界団体及び、そのプロトコル。

 いわゆるホームネットワーク・リビングネットワークなどを想定しており、家電、モバイル(スマホ、タブレット他)、テレビ、コンピュータなど各産業において異なるメーカー間の機器でも相互接続を容易にするために既存の規格・プロトコルなどをまとめたルールの総称として使われることも多くなっています。

UPnP/DLNAサーバー

 DLNAもまた、接続と通信などそのベースとしてUPnPプロトコルを使っていることもあって、これらのサービスを提供するサーバは、UPnPサーバとか、DLNAサーバなどとしてリリースされたり、対外的にもそう呼ばれることがあり、また、メディアサーバー、ホームネットワークサーバなどと呼ばれることもあるようです。

 *BSD/PC-UNIX/Linuxにおいて、こうしたサーバには、MediaTomb、ReadyMedia/旧miniDLNA、Rygel、GMediaServer、FUPPES、uShareなどが、WindowsやMac OS Xには、DivX、TVersityなどが、マルチプラットフォーム対応としては、Universal Media Server(PS3 Media Serverから派生した汎用かつクロスプラットフォーム版)やKodi/旧XBMCなどがあります。

 Kodiは、むしろDLNAクライアントとしての方が知られていますが、DTCP-IP/DTPC+未対応でトランスコード機能はないものの、DLNAサーバとしても利用可能となっています。

UPnP/DLNAクライアント

 一方、DLNAクライアントとしては、Kodiの他、Totem、VLCメディアプレーヤーなどがあります。

その他

 NetBSDやFedora、Debianなどで液晶テレビなども含め、試してみたところ、OSは対応済みも利害関係が絡む為か、まだまだ、ベンダ・機器ごとの対応もマチマチなようで執筆時点(2016/04/02)でもUPnPプロトコルが思い描いたほど、ほぼ全ての機器が、容易に相互通信・接続できるという状況にはないようです。

ウェブ造ホーム前へ次へ