気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
ネットワーク

有線LAN

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
LAN / Local Area Networkとは?

有線LAN

有線LANとは

 LAN/Local Area Networkの実装としては大きく有線と無線による方法があり、有線LANは各種機器のLANポートにそれぞれLANケーブルを挿し込むことでLANケーブルを介して、無線LANはケーブルなしで電波を飛ばしてデータの送受信を行なう手法です。

 有線LANは、LANケーブルの引き回しがあるとは言え、無線LANが普及した今日においても尚、無線方式よりも安定した通信が可能であることやセキュリティ面から、一定の需要があります。

 LANケーブルで複数のコンピュータをつなぐ手法にはいくつかあり、PtoP(ポイント・トゥ・ポイント)といった1台の端末に対して1台ずつ直接相互に複数台を接続する形態もあり、ハブ同士をLANケーブルで接続するカスケード接続含め、従前は、こうした場合、LANケーブルの中でもクロスケーブルというケーブルを使用していましたが、後にハブにストレートケーブル/クロスケーブルの自動判別機能AutoMDI/MDI-Xが搭載されるに至り、ストレートケーブルのみで事足り、こうしたハブが増えるに連れクロスケーブルの必要性はなくなってきています。

 これにより、ルータとリピーター、ハブ(、スイッチングハブ、スタッカバブルハブ)などを介してPCなどの機器を複数接続する場合、有線接続に使うLANケーブルは、ストレートケーブルという種類のもので十分となってきています。

 何れにしてもLANを組むということは、ネットワーク上に2台以上、接続したい機器があるということであり、相互にデータ送受信できるようにする為には、その経路を自動で運用(設定)する機器が必要ですが、この機能を持ったものをルータ(router)と呼びます。

 尚、インターネットに接続する為には、モデムが必要となり、以前は、2台以上のPCで使用したい場合には、別途、ルータが必要でしたが、近年では、モデムにルータ機能が付いたものが一般的となっています。

 よって個人宅で契約している常時接続のADSL/光などでレンタルされたり、購入したりする機器もモデムとルータ一体型のものが主流であり、モデムが内蔵されているのは当然のこととしてブロードバンドルータなどと呼ぶこともあります。

 ルータには、LANケーブルを挿し込むことができるLANポートが複数装備されているものもありますが、これが1つしかないものもあります。

 ルータにLANポートが1つしかなく、複数台のPCを接続したい場合やルータに複数のLANポートがあるものの、接続したい機器がそれ以上あるといったような場合には、別途、リピーター(IT/ICT用語としては増幅器)やハブ(IT/ICT用語としては集線装置・分配器)という機器が必要となります。

 ただ、今やリピーターは過去の産物であり、近年は、ハブ、特にスイッチングハブが一般的、企業など膨大な数の機器を接続する必要があるケースにおいては、スペースの節約を含め、スイッチングハブの機能を持つ機器を相互に接続しつつ、複数台積み上げることができるスタッカブルハブ(積載可能なハブ)を使うこともあります。

 接続したい機器の数にもよりますが、昨今のスイッチングハブの中には8ポートで1000円前後など個人でも十分に手の届く価格帯のものもあります。

 LANケーブルは前述のクロスケーブル・ストレートケーブルという種類や伝送容量ごとの『カテゴリ』という種類がありますが、先の通り、スイッチングハブを介して複数台接続するならストレートケーブルでよく、伝送容量としては『カテゴリ5e』含むそれ以上のケーブルを選べば、ADSLや光回線でも十分で、値段は長さにもよりますが、『カテゴリ5e』も短いものなら、今時100円ショップでさえ販売されています。

 接続は至って簡単、ルータのLANポートとスイッチングハブのLANポートをLANケーブルで接続、そのスイッチングハブと接続したいPCなどの機器をそれぞれLANケーブルで接続するだけ、今時、どこにどれを挿さなければならないという制約もなく、迷う必要すらありません。

ウェブ造ホーム前へ次へ