気の向くままに辿るIT/ICT
webzoit.netウェブサイトホームページ
CSS / Cascading Style Sheets / スタイルシート

CSS文法[プロパティの定義と設定方法]

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
CSSプロパティの定義と設定方法とは?

CSSスタイルシート文法[プロパティの定義と設定方法]

<< CSS@ルールと規則集合ステートメント

CSSプロパティ定義と設定方法は

 CSSのプロパティの定義と設定方法は以下の通りです。

※このページは、W3C4 CSS2 syntax and basic data types[英文]を当サイト管理人が2008年08月25日、意訳したものですが、構文解釈の違いや翻訳の違いが含まれるかもしれません。正式文書はW3C 各種仕様書(英語版)である事を予めご了承ください。

プロパティの定義と設定方法

 定義は、セレクタの後にある { } 内にあって、空(カラ)もしくは : コロンに続けて値を設定するプロパティで構成されていて、その周囲にホワイトスペースが含まれていても構いません。

◆プロパティと設定値の例

div { color:blue ; font-size:10pt }

color:blue ;

font-size:10pt

}

・この場合、[ color ]と[ font-size ]をプロパティ、[ : ]コロンに続く[ blue ][ 10pt ]をプロパティ値、設定値、値などと言います。

・プロパティと値の区切りには必ずコロン[ : ]を入れます。

・プロパティ間の区切りには必ずセミコロン[ ; ]を入れます。

・ホワイトスペース(空白やタブ)は無視されます(から比較的自由に記述できます)。

 プロパティは識別子であり、値中にある文字は丸かっこ、ブラケット、波カッコ、シングルクォート、ダブルクォートがある場合にはそれぞれ開始と終了が一致していなければならず、エスケープされるべき文字の中にセミコロンがあってはいけません。

 前述の様々なカッコやクォーテーションはネストしている事もあり得ますし、内側にある文字は例えば数値であってもstring文字として解析されます。

 値は、プロパティごとに明確に区切られて列挙されますが、場合によっては、識別子や文字、数値、長さ、パーセント、URI、色、角度、回数、周波数などの場合があります。

 ユーザーエージェント(ブラウザ)は、CSSで定義されていない不正なプロパティ名やプロパティに該当しない設定値が宣言されていた場合には無視しなければならず、それぞれのCSS2のプロパティは許容される値についての制約があります。

>> CSSコメント

CSS/スタイルシート情報

ウェブ造ホーム前へ次へ