情報処理技術者国家資格試験対策-webzoit
情報処理技術資格と関連国家資格webzoit.net
ITサービスマネージャ試験解説

ITサービスマネージャ試験

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ITサービスマネージャ試験とは?

ITサービスマネージャ試験

<< 情報処理技術者試験

ITサービスマネージャ試験とは

 情報処理技術者における『ITサービスマネージャ試験』は、『ITパスポート資格該当者』を統括する立場であり、情報システム利用ユーザーにおける情報システム活用の管理者候補やデータセンタや社内SEチームのリーダ候補、レンタルサーバやショッピングカート他ASPサービスを提供し、顧客サービスを行う担当業務のリーダ候補などを想定した認定国家資格です。

 2009年度改訂により『上級アドミニストレータ』から名称が変更されたものと考えていいでしょう。

ITサービスマネージャの資格取得

 ITサービスマネージャの資格を取得するには、午前Ⅰの情報処理技術者共通試験(多肢選択式)、午前Ⅱの専門知識(多肢選択式)、午後Ⅰ記述式、午後Ⅱ論述式試験すべてに合格する必要があります。

ITサービスマネージャの合格基準

 ITサービスマネージャの合格基準は、午前Ⅰ・午前Ⅱ・午後Ⅰそれぞれ60%以上、午後Ⅱの論述式はA~DランクでAランクが合格ラインです。

 尚、午前Ⅰ~午後Ⅱの順にひとつ前の試験で不合格の場合、次の試験の採点は行われない事になっています。

午前Ⅰ試験免除規定

 ITサービスマネージャを含む『高度試験※では』、下記いずれかの要件を満たし2年以内に再受験する場合、午前Ⅰ試験(共通試験)は免除となります。

  • 応用情報技術者試験に合格
  • いずれかの高度試験に合格
  • いずれかの高度試験の午前Ⅰ試験で基準点以上

※高度試験:ネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験、エンベデッドシステムスペシャリスト試験、情報セキュリティスペシャリスト試験、ITストラテジスト試験、ITサービスマネージャ試験、プロジェクトマネージャ試験、システム監査技術者試験

ITサービスマネージャ午前Ⅱ試験の出題科目と出題分野

出題科目出題分野
企業と法務法務
プロジェクトマネジメントプロジェクトマネジメント
サービスマネジメントサービスマネジメント
システム監査
技術要素データベース
ネットワーク
セキュリティ
コンピュータシステムコンピュータ構成要素
システム構成要素

ITサービスマネージャ午後Ⅰ/午後Ⅱ試験の出題分野

サービスサポート及びサービスデリバリ 定常的なシステム運用管理にかかわるサービスデスク、インシデント管理、問題管理、構成管理、変更管理、リリース管理及びシステム運用管理の計画と改善にかかわるサービスレベル管理、可用性管理、キャパシティ管理、ITサービス財務管理、ITサービス継続性管理など
システムの運用管理 アプリケーションの展開・運用・最適化にかかわるアプリケーションシステムの受入れ、ライブラリ管理、運行管理、障害時運用方式、システムの監視、稼働状況管理、障害管理、システムのチューニングとパフォーマンス管理、バッチ処理スケジュールの管理と保守、バックアップとリストア、サービス障害又は災害時の代替処理・復旧、ストレージ管理など
ITサービスの継続的改善とITサービスマネジメントの報告 ITサービスマネジメント導入計画の立案、ITサービスマネジメントの実施、ITサービス継続計画の立案・実施、ITサービスに対するリスクの特定・管理、顧客の満足度・リソース稼働率などのITサービスマネジメントの測定と分析、改善計画の策定と管理、サービスレポートなど
情報セキュリティの運用・管理 情報セキュリティポリシ、リスク評価、アクセス管理、物理的セキュリティ、個人情報保護、ファイアウォール、ウイルス対策、データセキュリティ、高可用性システム、情報資産管理、情報セキュリティに関する標準・法律など
カスタマサービス カスタマサービスにかかわるハードウェア、ソフトウェアの基礎テクノロジ、システム保守管理、データセンタ施設のファシリティマネジメント、設備管理など

ウェブ造ホーム前へ次へ