情報処理技術者国家資格試験対策-webzoit
情報処理技術資格と関連国家資格webzoit.net
ITパスポート試験解説

ITパスポート試験

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
ITパスポート試験とは?

ITパスポート試験

<< 情報処理技術者試験

ITパスポート試験とは

 情報処理技術者試験における『ITパスポート試験』は、情報システム利用ユーザー企業でシステムの操作・オペレーションを積極的に行うといった情報技術に携わる業務に就くか、社内SEメンバー、担当業務についてEUC(End User Computing)またはEUD(End User Development)を考えている、実行しているといった方を対象とした資格試験です。

 2009年度改訂により『初級アドミニストレータ』から名称が変更されたものと考えていいでしょう。

ITパスポートの資格取得

 ITパスポートの資格を取得するには、ITパスポート試験(4肢択一の選択式100問)を受験し合格する必要があります。

 他の情報処理技術者試験に午前/午後または午前I/午前Ⅱ/午後I/午後Ⅱ試験があり、選択式以外に記述式試験や論述式試験などがある事を考えると問題数は多いですが、解答しやすくなっています。

ITパスポートの合格基準

 ITパスポートの合格基準は、各分野30%以上でかつ総合得点が60%以上です。

 苦手分野を作らない事が合格の近道になるでしょう。

ITパスポート試験の出題科目と出題分野

出題科目出題分野
企業と法務企業活動
法務
経営戦略経営戦略マネジメント
技術戦略マネジメント
ビジネスインダストリ
システム戦略システム戦略
システム企画
開発技術システム開発技術
ソフトウェア開発管理技術
プロジェクトマネジメントプロジェクトマネジメント
サービスマネジメントサービスマネジメント
システム監査
基礎理論基礎理論
アルゴリズム
プログラミング
コンピュータシステムコンピュータ構成要素
システム構成要素
ソフトウェア
ハードウェア
技術要素ヒューマンインタフェース
マルチメディア
データベース
ネットワーク
セキュリティ

ITパスポート試験の出題分野と出題範囲

出題分野出題範囲
企業活動
  • 企業活動や経営管理に関する基本的な考え方
  • 身近な業務を分析し、課題を解決する手法や、PDCA の考え方、作業計画、パレート図などの手法
  • 業務フローなど業務を把握する際のビジュアル表現
  • 財務諸表、損益分岐点など会計と財務の基本的な考え方
法務
  • 知的財産権(著作権、産業財産権など)、個人情報保護法、労働基準法、労働者派遣法など、身近な職場の法律
  • ライセンス形態、ライセンス管理など、ソフトウェアライセンスの考え方、特徴
  • コンプライアンス、コーポレートガバナンスなど、企業の規範に関する考え方
  • 標準化の意義
経営戦略マネジメント
  • SWOT 分析、プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)、顧客満足度、CRM、SCM などの代表的な経営情報分析手法や経営管理システムに関する基本的な考え方
  • 表計算ソフト、データベースソフトなどオフィスツール(ソフトウェアパッケージ)の利用に関する理解
技術戦略マネジメント
  • 技術開発戦略の意義、目的などに関する理解
ビジネスインダストリ
  • 電子商取引、POS システム、IC カード・RFID 応用システムなど、各種ビジネス分野での代表的なシステムの特徴
  • エンジニアリング分野や電子商取引での代表的なシステムの特徴
  • 情報家電や組込みシステムの特徴、動向など
システム戦略
  • 情報システム戦略の意義と目的、戦略目標、業務改善、問題解決などに向けた考え方
  • 業務モデルにおける代表的なモデリングの考え方
  • コミュニケーションにおけるグループウェアやオフィスツールなどの効果的な利用
  • コンピュータ及びネットワークを利用した業務の効率化の目的、考え方
  • 代表的なサービスを通じて、ソリューションの考え方
  • システム活用促進・評価活動の意義と目的
システム企画
  • システム化計画の目的
  • 現状分析などに基づく業務要件定義の目的
  • 見積書、提案依頼書(RFP)、提案書の流れなど調達の基本的な流れ
システム開発技術
  • 要件定義、システム設計、プログラミング、テスト、ソフトウェア保守などソフトウェア開発のプロセスの基本的な流れ
  • ソフトウェア開発における見積りの考え方
ソフトウェア開発管理技術
  • 代表的な開発手法に関する意義や目的について問う
プロジェクトマネジメント
  • プロジェクトマネジメントの意義、目的、考え方、プロセス、手法
サービスマネジメント
  • IT サービスマネジメントの意義、目的、考え方
  • ヘルプデスクなど関連項目に関する理解
  • コンピュータやネットワークなどのシステム環境整備に関する考え方
システム監査
  • システム監査の意義、目的、考え方、対象
  • 計画、調査、報告など、システム監査の流れ
  • 内部統制、IT ガバナンスの意義、目的、考え方
基礎理論
  • 2 進数の特徴や演算、基数に関する基本的な考え方
  • ベン図などの集合、確率や統計に関する基本的な考え方
  • ビット、バイトなど、情報量の表し方や、ディジタル化の基本的な考え方
アルゴリズム
プログラミング
  • アルゴリズムとデータ構造の基本的な考え方、流れ図の表現方法
  • プログラミングの役割
  • HTML、XML などのマークアップ言語の種類とその基本的な使い方
コンピュータ構成要素
  • コンピュータの基本的な構成と役割
  • プロセッサの性能と基本的な仕組み、メモリの種類と特徴
  • 記録媒体の種類と特徴
  • 入出力インタフェース、デバイスドライバなどの種類と特徴
システム構成要素
  • システムの構成、処理形態、利用形態の特徴
  • クライアントサーバシステムの特徴
  • Web システムの特徴
  • システムの性能・信頼性・経済性の考え方
ソフトウェア
  • OS の必要性、機能、種類、特徴
  • アクセス方法、検索方法など、ファイル管理の考え方と基本的な機能の利用法、バックアップの基本的な考え方
  • オフィスツールなどソフトウェアパッケージの特徴と基本操作
  • オープンソースソフトウェア(OSS)の特徴
ハードウェア
  • コンピュータの種類と特徴
  • 入出力装置の種類と特徴
ヒューマンインタフェース
  • GUI、メニューなど、インタフェースの設計の考え方、特徴
  • Web デザインの考え方
  • ユニバーサルデザインの考え方
マルチメディア
  • JPEG、MPEG、MP3 など、符号化の種類と特徴
  • Virtual Reality(VR)、Computer Graphics(CG)など、マルチメディア技術の応用目的や特徴
  • 情報の圧縮と伸長、メディアの特徴
データベース
  • データベース及びデータベース管理システム(DBMS)の意義、目的、考え方
  • データの分析・設計の考え方、データベースのモデルの特徴
  • データの抽出などの操作方法
  • 排他制御、リカバリ処理など、データベースの処理方法
ネットワーク
  • ネットワークに関するLAN やWAN の種類と構成、インターネットやLAN の接続装置の役割
  • 通信プロトコルの必要性、代表的なプロトコルの役割
  • インターネットの特徴と基本的な仕組み
  • 電子メール、インターネットサービスの特徴
  • モバイル通信、IP 電話など、通信サービスの種類と特徴、課金、伝送速度などに関する理解
セキュリティ
  • ネットワーク社会における安全な活動の観点から情報セキュリティの基本
  • 情報資産とリスク管理の目的、情報セキュリティポリシの考え方
  • ウイルス対策などの技術的セキュリティ対策の考え方、種類と特徴
  • 入退室管理やアクセス管理など、物理的・人的セキュリティ対策の考え方、種類と特徴
  • ID・パスワード、コールバック、ディジタル署名、生体認証技術など、認証技術の種類と特徴
  • 公開鍵、秘密鍵など、暗号化技術の仕組みと特徴

ウェブ造ホーム前へ次へ