情報処理技術者国家資格試験対策-webzoit
情報処理技術資格と関連国家資格webzoit.net
システム監査技術者試験解説

システム監査技術者試験

ウェブ造ホーム前へ次へ
サイト内検索
カスタム検索
システム監査技術試験とは?

システム監査技術者試験

<< 情報処理技術者試験

システム監査技術者試験とは

 情報処理技術者における監査資格試験である『システム監査技術者』は、『第三者の立場で』情報システム利用ユーザートップ(社長やCIO)からの依頼により既存情報システムや新規システム(開発開始~運用中まで適宜)の監査チェックを実施し、結果を監査報告書として提出すると共に結果を基に企業トップに対して助言を行う専門家でシステム監査技術者試験は、これを認定する国家資格。

システム監査技術者の資格取得

 システム監査技術者の資格を取得するには、午前Ⅰの情報処理技術者共通試験(多肢選択式)、午前Ⅱの専門知識(多肢選択式)、午後Ⅰ記述式、午後Ⅱ論述式試験すべてに合格する必要があります。

システム監査技術者の合格基準

 システム監査技術者の合格基準は、午前Ⅰ・午前Ⅱ・午後Ⅰそれぞれ60%以上、午後Ⅱの論述式はA~DランクでAランクが合格ラインです。

 尚、午前Ⅰ~午後Ⅱの順にひとつ前の試験で不合格の場合、次の試験の採点は行われない事になっています。

午前Ⅰ試験免除規定

 システム監査技術者を含む『高度試験※では』、下記いずれかの要件を満たし2年以内に再受験する場合、午前Ⅰ試験(共通試験)は免除となります。

  • 応用情報技術者試験に合格
  • いずれかの高度試験に合格
  • いずれかの高度試験の午前Ⅰ試験で基準点以上

※高度試験:ネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験、エンベデッドシステムスペシャリスト試験、情報セキュリティスペシャリスト試験、ITストラテジスト試験、ITサービスマネージャ試験、プロジェクトマネージャ試験、システム監査技術者試験

システム監査技術者・午前Ⅱ試験の出題科目と出題分野

出題科目出題分野
企業と法務企業活動
法務
経営戦略経営戦略マネジメント
サービスマネジメントサービスマネジメント
システム監査
開発技術システム開発技術
技術要素データベース
ネットワーク
セキュリティ

システム監査技術者・午後Ⅰ/午後Ⅱ試験の出題分野

情報システム・組込みシステム・通信ネットワーク 経営一般、情報戦略、情報システム、組込みシステム、通信ネットワーク、ファイルシステムやデータベース、ソフトウェアライフサイクルモデル、プロジェクトマネジメント、ITサービスマネジメント、リスク管理、品質管理、情報セキュリティ関連技術、情報セキュリティポリシ、事業継続管理など
システム監査全般 ITガバナンス、IT統制、情報システムや組込みシステムの企画・開発・運用・保守の監査、業務継続管理の監査、システム開発プロジェクトの監査、情報セキュリティ監査、個人情報保護監査、他の監査(会計監査、業務監査)との連携・調整など
システム監査の計画・実施・報告 監査計画、リスクアプローチ、監査の実施、コンピュータ支援監査技法、ディジタルフォレンジックス、監査報告、フォローアップの実施、システム監査業務の管理(監査業務の品質管理を含む)など
システム監査関連法規 情報セキュリティ関連法規、個人情報保護関連法規、知的財産権関連法規、労働関連法規、法定監査関連法規、システム監査及び情報セキュリティ監査に関する基準・ガイドライン・施策、内部監査及び内部統制に関する基準・ガイドライン・施策など

ウェブ造ホーム前へ次へ